« 栗田智仁のココナッツのできること | トップページ

2011年5月12日 (木)

熱帯アジア原産のココナッツミルク

ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました(;´д`)

お久しぶりです、栗田智仁です。

これからまたかいていきたいと思います。

今日は、ココナッツミルクについてです。

ココナッツミルクは、熱帯アジア原産のココナッツの未成熟果実からとれる液体の食材です。

東南アジア諸国(タイ、インドネシア、マレーシアなど)では、日常的に、調味料として大量につかわれています。その利用範囲も非常に広く、スープ、煮物、カレー、デザート、ドレッシング にいたるまで、現地の郷土料理には必ず使われているといっても過言ではない食材です。

栄養価は、糖類、脂質のほか、マグネシウム。カリウムなどのミネラルを含んでいます。

アジア食ブームから、最近では、ココナッツミルクのような食材も簡単に手に入るようになっています。

陰陽で解説すると、当然ながら 陰性の食材といえるでしょう。

熱帯の国で育つ植物から採れる、未成熟の果実で、しかも液体ですので、極陰性の陰性度5強。

とても身体を冷やす性質が強い食材ですから、日本国で食べる場合は、嗜好品として楽しむ程度にしておきましょう。

ではなぜ、東南アジア諸国で、頻繁に利用されているのかというと、気候を考えていただければご理解いただけるかと思います。

例えばインドネシアの平均気温は28度程で、通年、これを保っています。

つまり、常夏なのです。

高い気温に負けない為に、陰性度の高い、香辛料や、食材で身体を冷ます必要があるわけです。その土地にはその土地の食文化があるのは、気候と密接に関係しているのですね。

« 栗田智仁のココナッツのできること | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440974/39962137

この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯アジア原産のココナッツミルク:

« 栗田智仁のココナッツのできること | トップページ