« 栗田智仁のスイカについて | トップページ | 栗田智仁の桃のできること »

2010年12月29日 (水)

栗田智仁のパイナップルって?

栗田智仁が、果物について色々ご案内いたします。
今回は、パイナップルのできることです。

○パイナップルって?
パイナップルは南アメリカ原産の多年草で、原種は種子が多く、ひどく酸っぱいといわれています。
パイナップルは突然変異によって選び出されて改良され、現在のような美味しいパイナップルになりました。
コロンブスがアメリカ大陸を発見したころには、既にパイナップルは栽培されており、日本には江戸時代末ごろに小笠原の父島でパイナップルは栽培されたといわれます。
戦前は台湾産のパイナップルが主でしたが、現在の主力はハワイ産のパイナップルです。
パイナップルとは、パイン(かたちがマツ傘に似る)とアップル(リンゴの味がする)が合成された名前です。

○果肉
パイナップルの果肉には糖質と有機酸をはじめ、ビタミンB1・ビタミンCのほかにミネラル、クエン酸などを含むので、疲労回復や老化防止などに効果があります。
またパイナップルに含まれるブロメリンには消化を促進させる性質があるため胃腸に良いとされます。
パイナップルに含まれるブロメリンは肉を柔らかく性質もあるので肉料理にパイナップルが利用されることもあります。
またブロメリンは脱毛にも効果的ということで脱毛剤にパイナップルの成分が利用される場合があります。
更に、パイナップルは食物繊維が多く含まれていますのでダイエットなどにも有効と考えられています。

栗田智仁は、全体的に丸みがあってずっしりとした重みがあるパイナップルを選びます。表面の節がくっきり浮き出ていて叩くと手のひらと同じような音がするパイナップルが美味しいです。
また葉は濃い色の物を選んだ方が良いです。
冷蔵庫で冷やす際には、新聞紙でくるんで野菜室に入れている栗田智仁でした。

« 栗田智仁のスイカについて | トップページ | 栗田智仁の桃のできること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440974/38257680

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁のパイナップルって?:

« 栗田智仁のスイカについて | トップページ | 栗田智仁の桃のできること »